MENU

睡眠導入剤ってそもそもどんなもの?

睡眠導入剤 副作用

 

夜、なかなか寝付けない、もしくは眠ったとしても短時間で目が覚めてしまい、その後眠れなくなるなど、睡眠のつらい症状を改善して、十分な睡眠がとれるように服用する薬が睡眠導入剤です。

 

夜間の十分な睡眠がとれず、日中に眠気やだるさがあったりして、十分に活動できないような場合、睡眠導入剤の処方の適応になります。市販薬(OTC)もありますが、効果が優しいので、これで効き目がない場合は病院へ受診し、医師の処方箋で薬をもらうことになります。

 

大きく睡眠導入剤と言っても、色々な種類があります。

作用時間の長さにより、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型の4種類に分類されます。

また、不安や緊張が取れなくて睡眠障害が出ている場合には抗不安薬に分類される薬も使われることがあります。

 

睡眠導入剤は何種類くらいある?

睡眠導入剤 副作用 種類

 

最近、また睡眠導入剤の新薬も発売されており、それも含めてかなりの種類があります。超短時間型は血中半減期(血液中にとどまって十分効果をあらわす時間)が6時間以内のもの、短時間型は12時間以内のもの、これらは寝つきが悪いタイプの不眠に有効ですが、5〜6種類はあります。

 

長時間型は24時間以内、長時間型は30時間以上のもので、途中覚醒がある場合に有効ですが、主なのもので7〜8種類はあります。そのほか、抗不安薬や、抗うつ薬に分類される薬を含めるとかなりの数になります。

 

いずれにしても

症状に合ったものを使うことが大事です。

因みに、市販されている睡眠導入剤は、抗アレルギー剤の副作用である眠気を利用したお薬です。

 

最も良く使われる睡眠導入剤は?

 

最も良く使われているのがマイスリーやレンドルミンでしょう。

 

睡眠導入剤 副作用 マイスリー

マイスリーは短時間の効き目ですので朝に眠気やだるさが残りにくく、また比較的新しいお薬で、依存性が少ないといわれています。5rと10rの2つの規格が販売されていますので、不眠の度合い、効果の出方によって選んで使います。

睡眠導入剤 副作用 レンドルミン

レンドルミンの方は、マイスリーよりも効果の長いお薬です。こちらは0.25rの1規格だけで、増量することはできません。睡眠導入剤はどの薬も、アルコールと一緒に飲むことは絶対にできません。薬の作用が強く出すぎて、その結果、呼吸抑制などの鎮静効果が起こることもあり、危険な為です。

 

処方された薬で効果がない場合、または早く切れてしまって早朝に目が覚めるなど不都合がある場合医師に相談し、お薬を変えてもらう事も大切です。

 

 

睡眠導入剤のメリット・デメリット

睡眠導入剤 副作用 メリット デメリット

 

今、私達が生活する環境は、非常に複雑化していろいろな問題を抱えることが多い世の中になっています。 人の体はストレスが多くなると、身体に異常をきたすようなことが出てきます。

 

その中でも精神的な面において、不眠の症状を訴える場合があり生活に大きな支障を与えます。 近頃は睡眠導入剤が普通に使われるようになり、辛い状態を改善できます。人は眠れないと非常に辛いですが、睡眠導入剤を使うことで心と体が楽になれます。

 

睡眠導入剤 副作用 医師

その一方で使い方を間違えると症状を悪化させるようなこともありますので、使用の際は医師や薬剤師の指示にしたがって服用する様にします。

大勢の人が一番心配する、依存の問題がデメリットのひとつにあげられます。

 

睡眠導入剤の副作用

睡眠導入剤 副作用

 

私達がどこか具合を悪くして薬を服用すれば副作用の心配がついてきますが、メンタル系の薬に関しては特に注意が必要です。 現代人に不眠を抱える人が多いですが、その際に睡眠導入剤を使い様々な副作用に悩まされるといった話を聞きます。

 

睡眠導入剤の副作用として一番目にあげられるのが、耐久性がつくところにあります。

飲みはじめは少量で効いていても、次第にたくさんの量を飲まないと寝られなくなります。

 

当然量が増えると心配なことがいくつかあらわれ、強い不安感を感じたり依存の問題が出てきます。 不眠を抱えて長く服用する人がいますが、症状が改善されているにも関わらず薬への依存が断ち切れずだらだらと使うケースがあると言われます。

 

続いてその他の起こり得る6つの副作用を紹介しましょう。

 

依存症

 

睡眠導入剤は睡眠薬と同様に眠り薬です。その違いは睡眠導入剤は眠りにつきやすくするためのもので、睡眠薬は長く眠るためのものです。

 

睡眠導入剤を服用後すぐ寝床に入って静かにしていることで効果が出てくるのですが、なかなか効かない人は多用する傾向にあり、それがなければ眠れないという依存症になってしまうことがあります。

 

幻覚、妄想

 

睡眠導入剤の多用により強い副作用が出る場合があります。目覚めたはずなのに幻覚を見たり現実なのか妄想なのか、わからなくなる事があります。

 

これは薬の多用だけではなくアルコールとの併用や、高齢者によく起きます。高齢者には薬は効きすぎる傾向があります。いずれにせよ、勝手な服用はせず決められた分量、医師が定めた分量を守らなければなりません。

 

けいれん発作、錯乱症状

 

これも薬の効き過ぎによる副作用の一つですが、けいれんを起こすことがあります。そのような時は服装を緩め、様子を確認しつつ、できるだけ速やかに、かかりつけの医師に診てもらいましょう。

 

また、錯乱状態になる事があります。周りに危険物を置かないように周囲の人が気を配ってください。そうなっても薬の副作用だと考え、あわてないで様子を見て落ち着かせましょう。

 

ふらつき、めまい、頭痛

 

ふらつき、めまいという副作用もあります。起き掛けになりやすいですから、特に高齢者は怪我や骨折の原因になります。薬を服用した翌朝は注意深くなって、ゆっくり起き上がる、手をついて起き上がるなど、穏やかに行動してください。

 

また、頭が痛くなることもあります。しばらく休んで様子を見てください。だんだん良くなれば大丈夫です。

 

食欲低下

 

少量の薬の服用後でも、多用していても、食欲低下になってしまうことがあります。1日くらいはそういう日があっても大丈夫です。

 

しかし2,3日たっても食べられないということであれば、かかりつけの医師に相談して下さい。薬は必要量が処方されていますから勝手にやめるのはよくないです。心配なときは量をほんの少し減らしてみて様子を見るということも一応考えてみてください。

 

情緒不安定

 

また、副作用として情緒不安定になる事があります。どうしても薬に依存する人がなる傾向にあります。素人考えで薬を増やしたり減らしたりやめたりするよりも、かかりつけの医師に話を聞いてもらって、違う薬にかえることが可能です。

 

そうする事で自分に一番合ったお薬を見つけてもらいましょう。必ずあるはずです。以上、睡眠導入剤の6つの副作用についてご説明しました。

 

睡眠導入剤は根本的な改善にはならない

睡眠導入剤 副作用 医師

 

不眠はとても辛い状態になると言われそんなときに睡眠導入剤を使うと眠れるようになりますが、根本的な改善ができている訳ではありません。不眠の原因を断ち切らない事には、本当の意味での解決は期待できないとされています。

 

例えば眠れないと診察を受けた所、うつ病を抱えていたという話があります。特にうつ病と不眠は大きく関係しており、うつ病を治療すれば不眠が改善されると言われます。

 

もし、不眠に見舞われたならいくつかのチェック項目に注意してみる必要があります。その主な内容に今まで楽しんでいたことに興味を示さなくなった、毎日が憂鬱でしかたないといったことがあげられます。以前と違った症状が長く続く場合は、早めに心療内科や精神科への受診が望まれます。

 

睡眠導入剤に頼らない快適な睡眠を得る改善方法

睡眠導入剤 副作用 快適な睡眠

 

睡眠不足が辛い、なかなか寝付かれない、十分寝られないので朝起きても頭がぼーっとしている、日中に居眠りしてしなうなど、睡眠障害で困っている方は非常に多いです。仕事などでどうしても寝ておかなければならないのに寝付けない時、よく使われるのが睡眠導入剤です。

 

睡眠薬とは異なり、睡眠導入剤は言ってみれば睡眠を誘う薬なので、服用して眠気が出てきたら、すぐに横になると大抵の場合は眠りに入りますが、眠れない場合もあります。また長期服用時や量を多く服用した場合の副作用もあります。

 

いわゆる依存症で、こうなると深刻な状態に陥ってしまいます。そこで、副作用のある睡眠導入剤に頼らない、原因から考え出した改善方法、良い睡眠法を紹介してみることにします。

 

精神的なストレスが原因の場合

 

睡眠導入剤 副作用 ストレス

 

睡眠不足の大きな原因に精神的なストレスがあります。頭の中が悩みなどで混乱して、脳が休めない状態になっています。ストレスが原因の場合、悩みは一旦置いて、リラックスする事が重要です。

 

静かなBGMを流したり、風呂に入って疲れを癒す事も良いでしょう。疲れていると睡眠に入っても質の高い睡眠がとれません。また少量のお酒は、ほろ酔い気分になって脳の思考を低下させるので、悩みなどのストレスには有効ですが、過度の飲食は睡眠に悪影響を及ぼしますので控えなければなりません。

 

それ以外は、良い睡眠環境を整えましょう。安眠できる寝具類を使う、部屋の温度と湿度を快適にする、部屋を暗くする、寝る部屋を静音にするなども大切です。

 

生活習慣のリズムが原因の場合

 

睡眠導入剤 副作用 生活習慣

 

次に、睡眠障害の原因が生活習慣のリズムにある場合です。徹夜で麻雀をするなどの不規則な睡眠時間、不規則な食事など、生活リズムの変化が大きいと、決まった時間に眠ることが出来なくなり、睡眠導入剤に頼らない方法が採れなくなります。

 

生物は一定のリズムで生きていますが、そのリズムを壊して生活しているのが現代人です。決まった時間に起床し、決まった時間にバランスの良い食事をし、一定の時間働き、決まった時間に眠る、これが健康的な人間の生活習慣なのですが、どれかが狂えば全てに影響が出ます。

 

睡眠にも影響が大きく、この所為で睡眠不足が起こると、それがストレスにも繋がるという悪循環に陥ります。

 

規則正しい生活が健康的な日常生活の基本です。睡眠導入剤に頼らない、良好な生活リズムを確保しましょう。

 

セロトニンを増やす方法はありますか

睡眠導入剤 副作用 セロトニン 増やす

 

セロトニンは幸せホルモンと呼ばれ、十分に分泌された状態だとストレスや不安とは無縁の状態になり、幸福感を味わえるのだそうです。またストレスや不安がなくなれば安心して睡眠をとることが出来ます。そんなセロトニンを増やす方法があればぜひ確かめたいですよね。

 

太陽の光を浴びる

 

太陽の光を浴びると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップします。そして、脳の覚醒を促進するセロトニンの分泌が活発化されます。

 

毎朝日光を浴びる行為は、生活リズムを整え、心身の健康にもつながります。時間の目安は、約30分程度で、交感神経とセロトニンの活性化すると同時に。夜のメラトニンの分泌もその時に促進されます。良い睡眠は朝からということになります。

 

リズム運動

 

セロトニンは人間の運動機能と深い関係があります。反復性のある動き、咀嚼、呼吸、歩行の自然に行う反復性のあるリズム運動を積極的に行うことで、増えると言われています。

 

このようなことをわざとに意識的に行うことで、神経が活性化されます。人間の能動的な動きばかりですが、元気に振る舞う、それだけでしっかりと効果が出てくるということです。

 

呼吸法

 

セロトニンを増やすのは普段の呼吸ではなく、腹式呼吸が効果的です。息を吸うとお腹が膨らみ、吐くとへこむ方法です。最初、難しいかもしれませんが、お腹に手を当てて、息を吸った時に膨らみを意識してください。

 

息を吸った時に肩が上がらないのが特徴です。何回も行うと、お腹の筋肉が疲れるくらいになりますが、ダイエットにも効果的だと言われる呼吸法なのです。

 

ウォーキング

 

運動でもセロトニンを増やすことができます。お勧めなのがウォーキングです。一定の早さで、継続的な運動を続けることで、規則正しい分泌を促します。

 

ウォーキングの他にも、自転車を漕ぐ、深呼吸を繰り返す、ヨガなども効果的です。反復運動がうまく脳に刺激を与えることが良いみたいで、活力のある体力を作ってくれます。

 

スキンシップ

 

スキンシップは、愛情ホルモンのオキシトシンの分泌を促進します。相手への信頼、協調性などを高めてくれる物質です。この肌どうしの触れ合いで、ストレスが緩和され、安心感に包まれることでセロトニンを増やすことができます。

 

勿論、相手のことを思いやるようなスキンシップが大切ですから、愛情に見たものでなければ効果はありません。

 

セロトニンサプリを利用する

 

セロトニンサプリの内容は、原料であるトリプトファンなどが含まれています。脳に対する薬とは違い劇的な効果は望めませんが、良く眠れる、イライラが少なくなった、寝起きが良いなどの効果が見られます。

 

数日で効果があるものではなく、継続的な服用が必要ですから、自分の体に合うものを探すことが大切です。日本ではサプリでも外国では薬扱いになっています。